FC2ブログ

マグロ旅★25才若夫婦の地球ぐるり貧乏ツアー

柔道整復師のダンナ&保健師のヨメが行く、マグロのごとく世界を駆け抜ける旅!
Posted by こーくん&ひーぴー   0 comments   0 trackback

無事到着





1ヶ月も滞在したエジプトに別れを告げ次なる地、 南アフリカへ!







といっても少しの間は気の抜けない旅になりそうだ


目的の宿にたどり着くまでに3日かかる
そして今回の宿に向かうまでの間、ネットが使える環境もなさそうだ


南に行けば行くほどマラリアの感染リスクのことも頭に入れつつ旅をしなければならない
と、やはりエボラ熱にも要注意だ

そしてなによりもタイミング悪くここエジプトでひいた風邪が思うように引いてくれない



そして事前に持って来た薬が切れてしまったので現地で調達した風邪薬の大きさにも抗生物質の色にもびっくりさせられる





wifi環境がなくなってしまう分、目的地までのルートは写真とノートに書いたメモのみで目指すしかない分、今まで以上に情報を集めた




そんかカイロの宿をチェックアウトしいざ出発!


今から1ヶ月前に訪れたときと同じ道のりで改めて町並みを眺めながら空港まで向かった




今回の南アフリカまでのフライトはドーハで6時間のトランジットがある便だ


そしてここドーハ空港では空港内でフリーwifiがとんでいるためここが最後のwifiスポットになる


ただドーハ空港にあるラウンジは残念ながらいつも使っているラウンジカードは使えないみたくロビーにて待機になる


そんな環境経由での南アフリカ行き




今までの旅の中で1番と思えるトラブルが起こった。

向かう先、南アフリカへの入国条件は南アフリカ入国時に出国の際の航空券が必須である。


ただ、年末のニューヨーク行の航空券も年末に近づけば近づく程、値段が倍近くに上がる為、当然のこと購入済みで準備はバッチリ



そんなエジプト出国手続き


思った通り聞かれたのでパソコンで事前に撮っておいたオンラインチケットを提示する



受付) 予約番号は?


こ)  いや、この画面しかないよ
    でも、ここにちゃんとフライト番号も決算済みの画面も書いてあるでしょ
    

受付) いや、それでも番号が確認できないと厳しいです
    


いつもは問題なく出来ていたチェックインでもどうも厳しい様子のようだ



受) %&#')()0=0%|~|%=0)(('&&%%$""!#%&')0(&#"#&I))0=0~=~=)0().-^97-.......$%'....。


自) .......。


途中から何を話しているか全く理解することができず受付の人も英語を話せる日本人を探して来いと



それだけは分かった



まずい.....



そんなどうしよも出来ない状態だったが奇跡的に後ろに並ばれていた人が仕事の関係でエジプトに訪れていた日本人の方でさらに英語がペラペラ





助かった



そんな何を言っていたか分からなかった説明を翻訳して確認すると、とんでもないことを言っていた




どうも南アフリカに到着した際に出国チケットが確認できないと日本に強制送還になるそう



た、助かるのか.....



って......これはまじでヤバそうだ




自) でも決算済の画面があるのだから確認取れるじゃないか!


受) 幸運を祈っているわ




もしそうなったら南アフリカどころかニューヨークまでも危うくなってくる



や、やばいぞ.....








あいかわらずカタール航空の機内のゴージャスさもやばい!


そんなカイロの空港ではwifiが使えない為、とりあえずwifiの使えるドーハ空港まで行き予約番号の画面を確保しなければ





ただ、空港などの広範囲で繋げるwifiはどうしても電波が弱く思うように調べることが難しいし時間に制限もあるので事情を説明しひぃちゃんにも協力してもらう



と、ロビーでこの事態と闘っていたところ、エジプトで出会った日本人の方とドーハ空港でも再度出会い、これまたありがたいことに一緒にラウンジにお誘いして頂けることになりラウンジへ



そんなドーハの空港にあるラウンジがまたまたやばい!





ってそんなことよりなんとでもしてでも強制送還だけは逃れたい


予約番号の画面が再度確保できなかったらどうしよう....



とりあえず別で新しく出国の確認が取れるためだけの捨てチケットになってしまうがどこの国でもいいから安い航空チケットを取った方がいいのか....




時間が進むに焦りを感じてしまう自分




そんな時にひぃちゃんからの連絡



どうも予約が出来ていないとのことみたいだ


確かに予約が完了できていなければ番号をいくら探しても出てこないはずだ


しかし、カードの使用状況を確認してもやはり決算済みで引き落としをされている



どうゆうことかまったく理解のできない状況だが今すぐに解決できる問題ではなさそうだったのでとりあえず新しくニューヨーク行の航空チケットを購入し、予約番号の画面を送ってもらった




案の定、南アフリカ到着後、入国手続きにて出国チケットの確認をされた。






あの時、日本人の人に出会っていなかったら....


wifiの使えるドーハでのトランジットがなかったら....


ひいちゃんが代わりにチケットを取ることのできる環境ではなかったら.....






た、助かった






そんな、新たな地への旅の始まりとなった。





ここまで来るのも予定外に長かったが改めて宿までの長い道のりが始まる



到着した空港は南アフリカでもヨハネスブルグ空港





到着した時間も夜なだけあってこの後の移動の際に乗る予定のバスも明日以降になるようなので今日はそのまま空港泊になりそうだ



気がつけば今年も終わるんだよなーと見て時に実感したクリスマスツリー







そんな空港で一夜明かす




朝7:00 起床


エジプトの宿のすぐそばのお店で買っておいたパンを食べてトイレで顔を洗い移動の準備をする


空港からつながる電車に乗ってバスターミナールを目指す








そしてまずはここから15時間程バスで移動しジンバブエのブラワヨという中間地点になる場所まで目指す




正直完全とはいえない体調での深夜移動で不安がありつつではあったがびっくりする程きれいなバスで十分に体を休ませながら乗っていられるバスだった




荷物はこうして牽引して持っていくみたいだ




そんなバスも出発を10時間程かけて国境までたどり着き、南アフリカからの出国審査と同時にジンバブエへの入国審査をするオフィスまで一度バスから降りて各自で向かうようだ








出国審査が済んだ時にはすでに明るくなっていた


何台ものバスや人たちの行列で迷子になりそうになりながらも係員らしき人に確認しつつなんとかジンバブエに入国できた





そんなバスでのブラワヨと名の街までの移動も気がつけば予定到着時間を遥かに越す20時間にも及ぶ移動となっていた


そしてバス到着と同時にそのまま寝台列車が出ている駅まで向かう





そんな街の名のブラワヨ駅という駅に到着






向かう宿の最寄り駅はビクトリアフォールズ駅


無事にチケットを買うことができた




あとはこれに乗ってしまえば明日の朝にはついてくれるはずだ。



そんな待ち時間






移動続きで若干の疲れは感じていたが列車に乗って寝てしまえばこっちのものだ




夜19:00 出発





荷物を全て起きすぐさま寝ることにした






気がつけば明るくなっていた





窓からみる外の景色はとてものどかなでのんびりとした雰囲気を感じれるそんな景色に変わっていた



あいかわらず顔が合うと手を振ってくれる陽気な人たち







ペットであろうゾウと飼い主らしき人が散歩をしているそんな窓からの景色







そんな12時間かけて無事に到着



荷物を片付けて宿に向かおう







ビクトリアフォールズ駅









最後に地図で再度確認すると宿は目と鼻の先に位置する








そんな3日かかって目指してきた宿に無事到着







とりあえずベットでゆっくり休むことにしよう!








そんな次なる国、ジンバブエ






でしたね。





って謎のチケット代の行方も見つけ出さないと......。













































Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://magurotabi.blog.fc2.com/tb.php/86-aa32cc3f