FC2ブログ

マグロ旅★25才若夫婦の地球ぐるり貧乏ツアー

柔道整復師のダンナ&保健師のヨメが行く、マグロのごとく世界を駆け抜ける旅!
Posted by こーくん&ひーぴー   2 comments   0 trackback

最終日




カッパドキア、最終日


今日は夜発のバスでパムッカレに向かう予定


目的地は やはり石灰棚


出発の時間まではのんびりしようと決めていたそんな最終日が3日間で1番いい天気




そんな真っ青な空に、気球が飛ぶ...





宿のベランダからの景色







ちょっとまっておくれ〜〜








カッパドキアの気球ツアーもシーズンオフを告げるかのようにここ最近は曇つづき


気温も落ちかけているせいか飛ぶか飛ばないかは、朝の天候次第みたい



そんな時期でのカッパドキアの気球と朝焼け


昨日まででも十分に満喫できたので、気球はまた次回

そんな気持ちだった自分




飛んだことに驚きながらも カメラを持って高台ま行かなければ







わぉ
















目の前の景色は一瞬、写真を撮ることを忘れさせる程の景色だった






空一面に無数の気球が飛んでいる

ざっと数えても50はある







カラフルなシャボン玉が飛んでいるような景色









きっと気球から見る景色も凄いだろう


でも自分はこれでも大満足



もともと今回のカッパドキアでのは無いものと思っていた気球が最終日に見ることができた


それだけで鳥肌が立つような気持ちになった



思い残すことはなくカッパドキアに別れを告げれそうだ



宿に戻り、朝食を済ませ、出発までの残りの時間はどうしようかと考えていたところマサキがひと提案



ワイナリーがあるので行きませんか! とのこと


試飲ができるみたいだ。 よし、飲みに行こう!


調べてみるとここから近いみたい




んじゃ今日もヒッチしちゃおっか!




こ) 今日はチャリもないことだし さっさっと行っちゃいますかねー



ま) そうっすね、5台目ぐらいでいちゃいましょうかねー





むしろ、こっちから車を選ぼうとするぐらいの余裕な気持ちでヒッチをする男2人としほちゃん



とそんなヒッチハイクをしようとしていたところに一匹の犬が....







おお、お前は昨日カッパドキアのチャリンコツアーの途中から一緒に付いてきた犬じゃないか



これにはびっくり



出会ってすぐに一緒に雨宿りをした時の写真





うちらを気に入ったのか最初に出会ったところからヒッチハイクで乗せてもらったところまで付いて来ていたのだ
このまま一緒にギョレメの村まで帰ろうと思っていてのヒッチでいきなりのバイバイだったので


申し訳なく思っていたが別れたたところから10キロはあったギョレメの村まで歩いて来たみたいだ

これにはびっくりした



よしよししてバックの中に食べれるものはないかと探そうと思っていたそんな時に
反対側に2人の女性観光客が歩く


に付いて行く犬 


そんなもんだったのかい


思っていた以上にさっぱりした性格だったみたい


そんな始まり









今日のヒッチポイント






30分経過








こ) ちょうし乗ってすみませんでした。お願いです。
   誰でもいいのでどなたか優しい方、乗せて行ってください



ま) そろそろバスもくるみたいなのでバスで行きますか。(諦めているようだ)
   



目の前にはバス停ばある。

バスに乗って行きなよっていう様な返事がほとんど

そりゃそうなんだけど ヒッチハイクで行きたいんだよねー。



と諦めかけていた時に、トヨタのスターレットの様な小さな車が停まる


そして車内には男女3人組が乗っている
あきらかにここにあと3人は乗れるスペースはないがそれでも乗って行きな、と


わざわざ後部座席に乗っていた方が助手席に回り無理矢理2人掛けてくれるまでして
乗せて行ってくれるようだ



いやー優しいね、嬉しいね







車内は前後ともにキュンキュン

そんな車で無事にワイナリーに送ってもらうことができました


記念に!








ありがとー






で到着!






ここに来るまで知らなかったが、トルコはワインの生産でも有名な国らしい。
おかげでどれを飲んでも美味しい (といいつつ、味は分かりません。)


試飲できるところはこんな感じ









とにかく飲みやすくこれならどんだけでもいけてしまいそうだ!




もう少し、もう少し.....


結局、夜のご飯時にもってことで1本購入



お酒の力で若干気持ちよくなりながらも帰る為にまたもヒッチハイクをする



行きの時とは違って今回は思った以上早くに乗せて行ってくれる方に出会うことができた





超ファンキーなじいちゃん2人組の車だった



車内は爆音
しかもノリノリ音楽で完全にクラブのような状態


タバコあるけど吸うかー  とタバコとライターをくれる


タバコは嫌いだ。だけどここはとりあえずもらっておこう。



乗せてもらった瞬間はイケイケ過ぎるじいちゃん2人に圧倒され少しながら焦りを感じたが
やっぱし乗せてくれるなだけあって気さくで良いじいちゃんだった。








無地到着しお礼をして バイバイ




最後の最後におもしろおかしくもまたいい思い出をつくることができた




バスターミナルのすぐそばにあるお店で買ってきたワインとトルコ料理を食べる


2泊3日のカッパドキア


思い残すことは何もない








かんぱーい!


































Comment

883R says... ""
ヒッチハイク…猿岩石思い出しました♪

2014.11.01 08:56 | URL | #- [edit]
こうや says... ""

ヒッチ、やみつきになりそうです!
そしてこれからは僕も日本で見かけたら快く乗せてあげようと思いました!
2014.11.01 21:44 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://magurotabi.blog.fc2.com/tb.php/70-7b1899e1