FC2ブログ

マグロ旅★25才若夫婦の地球ぐるり貧乏ツアー

柔道整復師のダンナ&保健師のヨメが行く、マグロのごとく世界を駆け抜ける旅!
Posted by こーくん&ひーぴー   0 comments   0 trackback

マトマイニ・チルドレンホーム

サファリツアーを満喫した後、ナイロビへ戻り


次なる目的地マトマイニ孤児院


ここは、菊本照子さんという日本人女性の方が孤児たちと共に生活をされている
孤児院です。


菊本さんには失礼ではありますが...(すみません。)
初めてお会いしたときはびっくり

定年をとっくにに過ぎられているおばあちゃんです。


そんなみんなのお母さんです


若い頃から長い間、ケニア大使館にてお仕事をされながらも、その傍ら

養護施設マトマイニ・チルドレンズ・ホーム1984年の設立の時から中心に立ち
孤児やストリートチルドレン、貧困層の子どもたちを対象に彼らの救援と保護養育を行うと同時に、
彼らを生み出している都市スラムのシングルマザーたちの自立援助活動等を行われている偉大な方です


もっと詳しく説明しますと...

http://ameblo.jp/scckenya/ ←HPです(すみません)

こちらの方が僕が説明するよりよっぽどかわかりやすいのでね



子供達はもちろん一般的と言われる普通の家庭では育ったことのない子たちです。

きっと、僕には感じた事のない様な孤独感、悲壮感など気持ちや体験など
小さな時から目の当たりに感じ、してきたと思います。



生活スタイルはほぼ自給自足


畑作業、飼っている牛の散歩、乳搾り

火事場で使うための薪集め

シャワーは釜で湧かしたお湯を桶ですくってかけて洗う

洗濯はもちろんバケツで手洗い



そんな日本はもちろん普通といわれる生活とはほど遠い、そんな毎日

そんな生活だが、みんな明るく本当に元気で笑顔いっぱいでした。


竹で作ったつり竿でザリガニ釣って食べたり
食料にとそこらにいる鳥をパチンコ持っておっかけ回ったり


足元は毎日泥まみれ

自分も小学校の頃はこんな感じだったなー



そしてみんなちゃんと夢をもっています!

これから先も僕たちが感じることのない部分で苦労する時は必ずあると思います

でもそんな苦労からも幸せな生活にかえていける力を持っている子供たちばかりでした




孤児院にいる子供たちと生活して


今までの考え方と大きく変わるそんな良い経験をさせてもらいました。



別れの前夜にみんなでケーキを作ってくれた時の写真です。














プレゼントしたジェンガ、みんな本気です




ほんとにみんな良い笑顔!








孤児院には旅中に出会った学生のとーすけ&ゆう君の2人と一緒に




ブログランキング参加中!
「読んだよ」のしるしに、ぜひクリックをよろしくお願いします♬
(順位もあがりますが、私たちのテンションもあがります!)
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ↑ ↑ ↑
 

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://magurotabi.blog.fc2.com/tb.php/57-c0ab8a25