FC2ブログ

マグロ旅★25才若夫婦の地球ぐるり貧乏ツアー

柔道整復師のダンナ&保健師のヨメが行く、マグロのごとく世界を駆け抜ける旅!
Posted by こーくん&ひーぴー   0 comments   0 trackback

はじまりはじまり



気がついたときには、すでに飛び立っていた




離陸で遠ざかっていく日本の地をながめながら
気持ちを膨らませ出発する予定が完全に睡魔にもっていかれていた。


今からまた旅が始まる。



ドバイまでは一度、上海まで行き国内線で昆明と名の省都へまで乗継いでいき
そこから再度国際線に乗り換え行く向かう便

トランジットが2度あるということだけでも気持ちは少し不安になる




「日本の方ですか?」  と


昆明から国内線へ乗り換え時、同便でたまたま出会った22才大学生のしほちゃん

しほちゃんはドバイからイランに行くみたいだ


そんなお互いの話をしながら出国手続きへ


トランジットのみなので必要ないだろうと、出国カードを書かないままカウンターへ



どうも中国では書かないといけないようだ


2人も戸惑う…



まぁ、これあげるからここで書きなさい   と、しほちゃん


あっちに戻って書いて来い     と、自分




おいおい、なんだこの対応の違いは



しほちゃん、なんなくスルー


自分、振り出しに戻る状態



とりあえず順番が来て搭乗手続きはできたものの、再度手荷物チェック

元々、上海からの出発も遅れていたためこれじゃ完全に国際線への搭乗時間に間に合わない



いきなりかよ...



不安な気持ちがさらに増す




そんなところに救世主登場


後ろの方からつぎつぎと順番の列を追い越す定年をとっくに過ぎているだろう
イケイケ中華ばあちゃんの3人組

どうも同じドバイ行きの便だったみたいで同じく焦っていたようだ



自分のところまでたどり着き


ば) 時間がないから先に行かせておくれ  


こ) お、おれもっす!


ば) そうなのかい、それじゃ一緒に行くわよ 


こ) はいっ!




ばあちゃんの後方にしっかりつきスイスイ前に行かせてもらう

いやぁーばあちゃんなのに  この時ばかりは天使に見えた


無事に手荷物チェックを済ませ あとは搭乗口まで


時間が既に過ぎているにも関わらず しほちゃんが待って居てくれたのだ



いやー天使だ!


ばあちゃん、ありがとう!  そしてごめんよー!(本当に申し訳ない)



しほちゃんと猛ダッシュ
 


到着時から遅れていたのもあってなんとか間に合うことができた

あとはドバイに到着して翌朝の便でイスタンブール行に乗ればトルコに到着する。
 



ほっと一安心。



それに対してここまでスムーズに来ていたしほちゃん


ドバイに到着後 予定としては別便にてイランへ向かうことになっているが
あきらかにその便には間に合わない感じだ....




案の定、完全にどうすることもできない乗り遅れになってしまった


入国審査時で既に搭乗時間を過ぎてしまう程の大遅延


焦るしほちゃん
って、そりゃそーだよね...


旅をスタートして初っぱなからこんなことが起こったら自分だったら泣いちゃうようなトラブルだ



自分のトルコ行きの便は翌朝の便でそれまで時間があったので一緒に別の便を探すことに


中東の中でも一番行きたいと思っていた イランみたいだが
残念ながら日程的に合う便がなくあきらめるしかなかった


10月22日11時発 トルコ行  18000円 


やはり安い!


そんなこんなで少し遅れて同じくトルコに来ることになった


これが旅なんだよねーと2人して実感


そんなバタバタなスタートも落ち着き自分は一足お先にチェックインを済ませ


只今、ラウンジにて飲んだくれております。






改めて ほっと一安心







Fish or Pork ?


知らぬ間に眠りについていた自分が起きるきっかけになった機内食

飛行機に乗る時の楽しみの1つでもある

非日常的なこの感じが好きなんです。


今日の朝ご飯となる機内食


よし、とりあえずしっかり食べて体力を温存しよう!



Pork Please.


here you are.










って、チャーシューのことなのかい!



冷やしラーメンにデザートのアイスクリーム


お腹をを下さないかと 


不安な気持ち


ここでも感じた




はじまりはじまり













スポンサーサイト



Posted by こーくん&ひーぴー   2 comments   0 trackback

それでは!


あ、どーも!


出発までの残す一週間、飲んだくれる毎日をおくっておりました。


5キロ増量....当たり前です。

そんな夢のような生活もおしまい




どれだけ食パンを食べるのだろう


どれだけ野宿をすることになるのだろう


どれだけトラブルが起こるのだろう


どれだけ絶景が見れるのだろう


どれだけ感動するのだろう


どれだけおもしろい旅人に逢えるのだろう


どれだけ楽しい経験ができるのだろう


どれだけ人生観が変わるのだろう






いや、夢のような生活だ




それでは行ってきまーーす!










Posted by こーくん&ひーぴー   0 comments   0 trackback

初めての海外は?

みんなそれぞれ何事にも初めてって、印象深いと思うんですよ!
その中でも特に初めての海外なんてどーですか??
ワクワクしちゃいましたよね!
なんてたってパスポート取得することから始まるし(手続きにだいぶ労力いる)、入国カードの書き方とか(英語やし!)知らないことだらけで、楽しさを不安が入り交じる感じだと思うんです。(修学旅行であれ、パッケージツアーであれ)


ちなみに、ひーぴーの初めての海外は、アメリカでした!
1


22歳の春、大学の卒業旅行で13泊14日で行ったのが人生初。
卒業旅行って言っても、アメリカに住んでる幼なじみを訪ねて1人で行きました。1週間は幼なじみと一緒に遊んで、もう一週間は初旅行にして、グランドサークルを一人旅しちゃいました。
そのなかで色んなことを初めて知ったんですよ!
そのアメリカ旅行で学んだことが、大きすぎて・・・
いまこんなんになっちゃったんだと思います(ちーん)



私が旅の中で学んだことを紹介したいと思います。


〜アメリカで学んだこと〜

①旅行会社通さなくてもどこでも行ける!そのほうが安い!
私は知らなかったんですよね。無知ガールでした。ショッピングモールに行けば絶対ある旅行会社(JTBとか近畿ツーリストとか)。その旅行会社に所狭しと置いてある魅惑のカラーパンフレット。行く気もないのに、ごっそりもらっては「きれーい!」ってすぐ捨ててました(ごめんなさい)。なんかそーゆうのが幼いころから身近だったんで、「ここに相談したら海外に行けるんだ!」=「ここに相談しなくちゃ自分で航空券とか取れないんだ」に変わってました。22才の夏、自らPCで調べて見つけたデルタ航空の、中部国際→ラスベガス行きの往復7万5千円の衝撃は一生忘れない。


②景色を見て、泣ける
モニュメントバレーの前に立ったとき、ツゥーと涙が勝手に流れたんですよ。
あ、あれっ?なんだこれ?・・・涙じゃん」的な(そんな自分に酔ってるロマンチストみたいで恥ずかしい)。なんか心の一番底辺が熱くなる感じがして、大自然にただただ圧倒されて、心が洗われたんですよ。一人旅だし、一日なにするわけでもなく・・・「朝焼けを見て、夕焼けを見て、星空を見る」っていう一日がほんとに幸せで。かと言ってここに住みたいかと思うとちがうくて、「家族や大好きな人とこんな景色見れたら最高だろうなー」てずっと思ってた。

(ピンクのが私!そこらへんの外人さんに写真お願いしてあそこまで全速力で走った)


(私もそびえたってみた)

最後に・・・
③一人旅はすこし寂しい(笑)
文章の通りです!寂しいです!私は景色がすんばらしいところばっか行ってたんだけど・・・お一人様で「きゃー!すごーーーい!」とか大声出せない訳で。外人さんとも簡単な会話しか出来ない訳で。シャイな日本人には・・・共有できる相手がいると良いと思う!でもやっぱりトモダチ行くと気を遣うところもあるから、大好きなパートナーといけるのが一番だね!


次回、アメリカ旅のダイジェストを写真でお送りします!




ブログランキング参加中!
「読んだよ」のしるしに、ぜひクリックをよろしくお願いします♬
(順位もあがりますが、私たちのテンションもあがります!)
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ↑ ↑ ↑

Posted by こーくん&ひーぴー   0 comments   0 trackback

なれそめ

私たちのことを知ってもらうためにも
なれそめを恥ずかしげもなく紹介したいとおもいます!(長文注意)



私たちは2013年10月10日(マグロの日)に入籍、
2014年1月26日(ひーぴーの誕生日)に式を挙げました。
結婚までには、それはそれは素敵なものがたりがありましたとさ。


というわけで!
こーくんとひーぴーのなれそめヒストリー♡


(パチパチパチ〜!)

image
(興味ない人ごめんなさいとばしてください)





こーくんとひーぴーは同じ中学校の同級生
一度も同じクラスになったことはなかったんだけど
実は中学生のときこーくんは私のことが好きだったそうな。
(うそや〜ん!って最初は疑った)
でも、私は「そんな名前の人いたね。」っていうレベルだったし、
関わる機会も一切なくって、
・・・一言もしゃべることなく卒業しました。





そして成人式。
(だいたいここで再会して付き合うパターンが多いよね)

・・・一言もしゃべることなく終了しました。







だがしかーし!



2年が経った、22歳の夏。
こーくん主催の50人規模のBBQ同窓会にて私は呼ばれました。
(共通の友人えりを介して、ひーぴーを呼んでくれ!ってお願いしたそうな)
そうとは知らず、ひょこひょことBBQに参加した私。




「なんかものすごい話かけてくるひとがいるよ・・・」
「だれだったけ・・・・?」



そう!この人こそこーくんです!



そこからは共通の友人介して、猛アターーック!
そんな始まりだったんだけど、仲良くなるのにそう時間はかからなくて
付き合ってもいないのに、県外デートで車中泊が当たり前の仲に。
私も一緒にいて居心地が良くなってきて、
晴れて両思いになったのに・・・決定打に欠けて(笑)仲良しフレンズ期間が続くこと1年・・・



2011年10月10日(マグロの日)
晴れて正式にお付き合いすることに!!!





考え方とか価値観は似てたから、「結婚」が遠い存在になることはなくて。
それ以上にお互い「こんな自分についてきてくれるのはこの人以外にいないよね(笑)」って確信してたってのもあるかも。
正式なプロポーズとかなくても、二人とも「いつ結婚しようね〜?」とか
「将来子どもは何人がい〜?」とか、そういう会話は自然に出てきたかな。





そして、「プロポーズしてようお願いだよう♡」とうるさいひーぴーを尻目に、
プロポーズしてもらいました(ヤラせ)





んで、そこから夫婦で世界一周が決まったのは、また別のお話。



もともとJICAの青年海外協力隊に行くのが夢だったひーぴー。
そのために保健師になって、市役所に入って3年間で辞めていくつもりだったんだけど(保健師は実務経験3年以上が条件)



まさか22歳という若さで(若くないか?)大好きな人・こーくんに出会って、
2人で築く幸せな人生のビジョンがハッキリ見えてきた。
けど、JICAに行けば約3年間も離ればなれ。



「3年くらい待つよ。行っておいでよ。」
優男・こーくんは笑顔で言ってくれたけれど、
自分だけ夢を追いかけることにエゴかな、って思えた。
きっとJICAに行けば、自分の中でやりたいことがもっともっと増えて、さらに心に距離感ができちゃうのかも・・・というのも心配になり。


いっぱい悩んで、悩んで、泣いて、話し合って、
(こーくんのお母さんの前でも大泣きしたことが・・・恥)




結局、幸せな家庭と自分の夢を天秤にかけたときに
こーくんとの幸せな家庭が勝ちでした!




(中略)


そんなこんなで、



接骨院開業する前にいっぱい遊びたいこーくん
      +
後発発展途上国のNGO団体でボランティア活動してみたいひーぴー
    


=世界一周しよう!!!となった訳なのです。





素敵なひとたちに恵まれて・・・最幸の結婚式になりました!
image
(めで鯛ケーキ。これに銛でケーキ入突!とりゃっ!)


image
(お色直しでマグロ風船を各テーブルにプレゼント♡いらねーとか言わないの♡)



(完)



長々と愛読ありがとうございます(深々)




ブログランキング参加中!
「読んだよ」のしるしに、ぜひクリックをよろしくお願いします♬
(順位もあがりますが、私たちのテンションもあがります!)
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ↑ ↑ ↑

Posted by こーくん&ひーぴー   0 comments   0 trackback

なぜマグロ?

このブログタイトルの


マグロ旅


なんでマグロなの?というその素朴な疑問にお答えします。





私たち夫婦の人生のテーマが

マグロのように生きる

image


だからです(うそじゃないよほんとだよ)








知ってる人も多いかもしれないけど、マグロが止まるときは死ぬとき。


生まれた瞬間から、大海原を駆け抜けます。





「じゃマグロっていつ寝てるの〜?」






実はね、泳ぎながら寝てるんだよ(どーん)




泳ぐ=休んでない とすれば、もはやマグロは一生無休。




マグロは泳ぎ続けないと呼吸ができないので泳ぎ続けるんだけど、


眠るのか?眠らないのか?については、諸説あり本当の所はよくわかっていないみたい。



①全く眠らない説

②敵に襲われそうになったり、環境の変化を感じる器官と泳ぐ器官以外を休めている説

③「右脳」「左脳」を交互に眠らせてるという説



3つある仮説のなかで②か③が有力みたいです。




(まめ知識)ちなみに、陸上に生きる動物のなかではキリンが一番睡眠時間が短くてなんと20分!




一生止まらないという進化をとげたマグロ。


一方、人間は一生のうち3分の1が睡眠時間。


とりあえず人生90年として


30年間も止まっている(=寝ている)!?




こーくん「もったいない!!!」(どうしようもない)





一度きりの人生。




毎年誕生日がくる度に「あっという間だったなー」って思うのと同じように


死ぬときもきっと「あっという間だったなー」って思うと思うんですよ。






日々の小さな幸せに気づけないでいる人


やりがいを感じず日々仕事をしているひとたち


いっぱいいると思います。


生きるためにはお金がいるからしょうがないじゃん


そう言われたら確かにそうだと思う


でも「人生を楽しむ手段のひとつとしてのお金」じゃないのであればそれは違うと思う



どれだけ人生楽しむか、バカ笑いできるか、

色んな経験できるか、大切な仲間ができるか、

そして・・・幸せな家庭を作れるのか。





そういうのが大事なんじゃないかなと思います。




止まってる時間はない!
マグロのように常に立ち止まることなく、

最幸の人生を駆け抜けたい!!!






と、いうわけなのです。



・・・・・。


・・・・・・・。


・・・・あ、そうそう。



話長くなったけど、それでブログ名が「マグロ旅」な訳なんですよ。






よしっ


それじゃとりあえず明日のために



今日はしっかり寝よう!(どーん)






※ちなみに、私たちの付き合った日も結婚記念日も、10月10日(マグロの日)だよ


image



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村